スタッフブログ

 

東大阪市六万寺で劣化した屋根漆喰、漆喰詰め直し工事を行いました。

スタッフブログ

こんにちは!キズナファミリーホームです!

今回は、東大阪市六万寺の現場で

劣化した屋根漆喰の詰め直し工事を行いました。

実は屋根の重要な漆喰。

漆喰の詰め直し工事の様子と漆喰についてお伝え致します。

そもそも漆喰とは?

漆喰の劣化 こちらが劣化した漆喰の現状です。

この状態はあまりにも良くないので、

漆喰の工事をするわけです。

 

漆喰とは

漆喰詰め直し後
こちらが違う現場で漆喰の詰め直し工事後の写真です。

皆様何が違うかわかりますでしょうか?

そう!漆喰は白いのです。皆様のお住いの漆喰を見てみてください。

 

漆喰原材料は消石灰で出来ており、屋根の頂点ののし瓦と瓦の隙間を埋める為に使用されています。

しかしそれだけではありません、

瓦の下には葺き土(ふきつち)という土で瓦全体を支える土です。

漆喰は瓦の隙間から雨水の侵入を防ぎ、葺き土を守っています。

漆喰の劣化で雨水が内部に侵入すると雨漏りの原因となるのです。

 

屋根の下の構造

瓦を降ろし、葺き土を降ろした直後 防水シート敷き

こちらは屋根の葺き替え最中の写真です。

瓦を降ろすと土がありその下には防水シートがあります。

(左、劣化した防水シート。右新しい防水シート)

屋根の下には瓦を支える葺き土、雨水の侵入を防ぐ最後の砦防水シートがあります。

漆喰の劣化で、内部に雨水が入り葺き土を劣化させ、水分を含む事で

防水シートが劣化し、最終雨漏りするという事です。

また葺き土が劣化する事で瓦のズレに繋がりますし、

固定している漆喰が剥がれてくると、棟瓦のズレ(飛散)の原因となります。

 

 

漆喰の詰め直し工事

劣化した漆喰の除去 漆喰の詰め直し工事は、

まず劣化した漆喰の除去から始まります。

劣化した漆喰の除去を行わあないと、

新しく漆喰を詰めた時にすぐに剥がれてしまう為と、

水分を経年と共に吸い込んできた漆喰なので、上から蓋をしてしまうと、

水分の逃げ場所が無くなり、葺き土に浸透してしまいます。

漆喰はのし瓦より奥に詰めないといけません。雨水に晒されてしまい吸収してしまいます。

漆喰の悪い例

漆喰 悪い例

こちらの写真が悪い例です。

漆喰が多く、のし瓦よりも前に出ているので雨水に晒され放題です。

よくあるのが、漆喰を多く詰めて雨漏り対策しましょう

など言う悪徳業者など居てますのでご注意!!

漆喰詰め直し後

こちらが葺き土が溢れていた箇所の

漆喰詰め直し後の写真です。

これで鬼瓦のズレ、内部への雨水の侵入はしなくなりました。

葺き土が溢れていた箇所

漆喰詰め直し後 全体

漆喰の詰め直し後 全体 こちらが漆喰詰め直し後の全体の写真となります。

 

新しい漆喰で、鬼瓦、棟瓦、瓦をしっかりと固定してくれています。

 

これで約15年から20年漆喰は安心して過ごせますね!!

 

 

最後に瓦のズレ無い様にラバーロック工法(瓦止め)を行いました。

 

ラバーロック工法(瓦止め)

ラバーロック工法(瓦止め)とは、

瓦の隅をコーキングで止め、瓦のズレを抑える工法です。

しかしこの工法も間違った施工をしてしまうと、

雨漏りの原因となってしまいます。

ラバーロック工法(瓦止め)

 

ラバーロック工法(瓦止め)の間違った施工

間違ったラバーロック工法 こちらが間違ったラバーロック工法です。

4隅をすべてコーキングで埋めてしまっています。

 

こちらがなぜ雨漏りを誘発していしまうのか?

瓦の端には多少の隙間があります。

これは空気の取り入れ内部の湿気を外に出す為です。

しかしその4隅を塞ぐ事で、湿気の逃げ場が無くなり屋根内部に溜まります

すると構造を腐らせ、最終雨漏りしてしまいます。

 

これで、東大阪市六万寺で屋根の漆喰詰め直し工事は完了です。

 

皆様のお住い、屋根、雨樋の点検はもうお済でしょうか?

お住いの点検、メンテナンスはもうお済でしょうか??
いつも住んでいる家、実は私達人間と同じなのです。
人間や車は定期的に、健康診断や車検などで点検、メンテナンスを行っています。
また病気の早期発見で手術ではなく、薬で直るケースも!!
お家も同じです!故障個所、劣化箇所の早期発見で最低限の被害、工事で済みます!お気軽にお住いの事ならご相談ください。
・ご相談・家屋診断・お見積もりは無料です!!

 

お気軽にご相談ください⇒クリック

 

お電話は0120-315-227まで!!

 

キズナファミリーホーム株式会社がLINE公式アカウントに登場!!

お得な情報を受け取るには、以下のリンクもしくはQRコードから

友だち追加してください。

キズナ ライン

LINE

 

 

ホームドック実施中

  • 事例紹介
  • お客様の声
  • アフターフォロー
  • よくあるご質問

キズナファミリーホーム

キズナファミリーホーム株式会社

  • 〒530-0041
    大阪府大阪市北区天神橋3-11-9
    天神橋ビル3F [MAP]
  • <お客様窓口>
  • フリーダイヤル0120-315-227
  • TEL.06-6232-8085
  • FAX.06-6232-8086
  • 会社案内
  • 求人情報
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ