新着情報

 

大阪府松原市で屋根のカバー工法を行いました 施工工程の紹介

新着情報

こんにちは!キズナファミリーホームです!

 

大阪府松原市で屋根のカバー工法施工を行いました。

現場調査、雨漏りの原因についてはこちらをご覧ください!

 

現場詳細

 

大阪府松原市 I様邸

築年数 37年

お問い合わせ内容

雨漏れしており一度お見積りをお願いしたい。

 

大阪府松原市 I様邸

 

 

屋根の劣化状況を考え屋根のカバー工法を行います、

屋根のカバー工法は屋根材がスレート屋根で屋根下地材の劣化進行次第で施工が可能な施工です。

 

それでは屋根のカバー工法の施工工程をお伝えしていきます。

屋根工事ではなくても工事の際は騒音などの迷惑を近隣住人様におかけするので

工事1週間前ほどにご近所挨拶を弊社スタッフが行いますのでご安心ください。

 

足場架設

 

屋根工事の際は施工場所が高所な為足場架設が必要となります。

職人さんの安全面や、足場がないと軒先などの施工箇所の仕上がりなどに影響してくる。

※安全面があるので最高のパフォーマンスが出来ます。

足場架設

 

既存の棟板金の撤去

 

棟板金の撤去 撤去の様子

 

足場を組み建て完了後に棟板金(屋根の頂点にある板金)を撤去します。

 

屋根のカバー工法では、廃材になるのがこの棟板金と棟板金を支える貫板(ぬきいた)と呼ばれる木材のみです。

※雨樋の交換を行う際は雨樋の廃材は増えます。

 

既存の屋根の上から新たに屋根材を葺くカバー工法は、和瓦の屋根では施工できないのは、

瓦の屋根の荷重と上に軽いと言われている金属屋根をカバーしますが、既存の瓦屋根が重い為

住宅の上がかなり重くなるため地震時の揺れが大きくなり耐震性が無くなる為施工できません。

 

また新たに葺き替える際は、屋根下地(野地板)も新たに設置しますが、カバー工法の場合は

既存の屋根の上から施工するため野地板の劣化箇所は補修できません。

 

カバー工法が施工できる場合は、既存の屋根の上から施工するため

廃材費が施工費が抑えれる、屋根が2重になる為断熱の効果が高まる。

などのメリットもあります。

 

 

大屋根の棟板金撤去 下屋根の棟板金撤去

 

 

ルーフィングシート設置

 

ルーフィングシート設置 ルーフィングシート設置2

 

棟板金を撤去後ルーフィングシート(防水シート)を設置していきます。

建物の屋根は屋根材とルーフィングシートで2重で雨水の侵入を防いで雨漏りがしにくいようになっています。

 

新規屋根材設置

 

屋根材設置の様子 新規屋根材設置

 

新規屋根材を軒先(屋根の先端)から板金を張り付けていき、

屋根材(ガルテクト)を下から順々に張り付け最後に貫板を設置してきます。

 

棟板金設置

 

棟板金設置 棟板金設置2

 

棟板金を設置しソーラーパネルを再設置し、屋根のカバー工法は完了となります。

 

雨樋新設置

 

雨樋設置 採寸 雨樋設置

 

軒先に雨樋固定金具を設置する際に雨樋には勾配(傾斜)が必要となります。

雨水がスムーズに流れるために専用の道具で固定金具を取り付ける箇所を決めていきます。

雨樋が設置が完了し、最終確認と清掃を行います。

 

最後に足場を解体し再び清掃したら工事完了となります。

 

今回は大阪府松原市で屋根のカバー工法と雨樋交換を行いました。

 

皆様のお住い、屋根、雨樋の点検はもうお済でしょうか?

お住いの点検、メンテナンスはもうお済でしょうか??
いつも住んでいる家、実は私達人間と同じなのです。
人間や車は定期的に、健康診断や車検などで点検、メンテナンスを行っています。
また病気の早期発見で手術ではなく、薬で直るケースも!!
お家も同じです!故障個所、劣化箇所の早期発見で最低限の被害、工事で済みます!お気軽にお住いの事ならご相談ください。
・ご相談・家屋診断・お見積もりは無料です!!

 

お気軽にご相談ください⇒クリック

 

お電話は0120-315-227まで!!

 

キズナファミリーホーム株式会社がLINE公式アカウントに登場!!

お得な情報を受け取るには、以下のリンクもしくはQRコードから

友だち追加してください。

キズナ ライン

LINE

 

ホームドック実施中

  • 事例紹介
  • お客様の声
  • アフターフォロー
  • よくあるご質問

キズナファミリーホーム

キズナファミリーホーム株式会社

  • 〒530-0041
    大阪府大阪市北区天神橋3-11-9
    天神橋ビル3F [MAP]
  • <お客様窓口>
  • フリーダイヤル0120-315-227
  • TEL.06-6232-8085
  • FAX.06-6232-8086
  • 会社案内
  • 求人情報
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ