新着情報

 

大阪市北区のS様邸でフローリング床の上張り(重ね張り)工事を行いました

新着情報

こんにちは!キズナファミリーホームです。

本日は大阪市北区にお住いのS様からのお問い合わせを頂き、

現場調査を行いました。⇒記事はこちら

LINE

 

今回はキッチン間のフローリング(床の)上張り工事になります。

 

フローリングの交換には、上張り(重ね張り)と張替えの2種類の方法があります。

この2種類のどちらかを選ぶかによってかかる費用、作業時間、仕上がりに差があります。

近年では手軽さがある上張り(重ね張り)が人気になってきています。

 

しかし、工事を行う際よくある質問が

 

どう違うの?上張りと張替えのメリットデメリットは何?とよく聞かれます。

 

上張り(重ね張り)工法は、既存のフローリングの上に、新しいフローリング材を重ねて張り付けていく方法。

張替え工法は、古いフローリングを剥がし、新しいフローリングを張り替える方法になります。

 

・上張りのメリット

上張り工法のメリットは、既存のフローリングを剥がす工事をする必要がなく、ゴミが出ないことです。

全体の工事期間が短く、解体費や処分費がかからないのでリフォーム費用も安く済みます。

また8畳ぐらいの上張り工法なら、1日もかからず工事が終わるため、近隣への影響もあまり気にしなくて済むのもメリットとなります。

二重にフローリングが重なった状態になり、床の強度も上がり防音性も期待できます。

※床スラブの上に専用の支持ボルトを立てて、上に床材を張る二重床ではありません

床暖房対応の床材を選べば、既存の床暖房が使用できます。

 

・上張りのデメリット

上張り(重ね張り)工法を用いると、新しく張ったフローリング材の厚み分、工事を行った全体の床が上がり、敷居や造り付けのクローゼットなどとの高低差が変わってしまいます。

フローリング材の一般的な厚みが12㎜~15㎜なので、上張りをするとその分の床が上がってしまいます。

クローゼットの扉が床から少し高い位置に設定されていたら、問題はありませんが扉と床の高さがギリギリだった場合は扉が開かなくなったり、敷居の高さが無くなったりします。

また上張り工法の場合は既存の床を剥がさない為、フローリングを支える下地の状態までは確認できない為、

一般の大工、工務店では下地部分の腐食や、白蟻の被害が発生していても対応できないのもデメリットとなります。

 

・上張りする際の注意点

また、最近DIYの普及で、ご自身で上張りする場合。

お部屋の床の高さが変わると、お部屋の雰囲気、家具の使い勝手、キッチン台が低く感じる、いつもは無い段差が生じ躓くなど、生活の使用が変わります。上貼り(重ね張り)を行う際は段差対策を必ず行いましょう。

・下地の状態が気になる際は、確認を行いましょう。

先ほどの床下の状態、湿気による木材の腐食や、下地の腐食、白蟻の被害の発生などによる、床の床鳴りの場合、

上張り工法を施工した何年後かにまた、床鳴りが発生するケースも多い為、床下の状況はかなり影響があります。

 

メリット、デメリットの説明でした。

実際に工事の様子になります。

まず通路に養生を行います。(玄関、通路にキズなど付かない様にシートを張っていきます)

 

そして、張替の際は改装する部屋の荷物を移動させないといけないのですが、上張りの場合はその場移動が可能です。※細かい物の移動はございます。片付けのお手伝いさせていただきます。

LINE

上張り工法の様子

今回は、LIXILのラシッサDフロア チェリーFを使用。

LIXILのフローリング材で、人気の色になります。

アメリカンチェリーの本来の木味を活かした木材、自然な艶感が人気なフローリング材になります。

荷物を動かしながら施工中

新しいフローリング材にキズが付かない様に細心の注意を払って行います。

 

施工後

 

施工後の床になります。前の床との比較。

ビフォーアフター

LINE

元々の古いフローリング材の雰囲気から、アメリカンチェリーの木目の艶感で仕上がりました。

 

高低差もしっかりと測って施工を行っているため、和室との敷居とは段差が無くなりバリアフリー化に。

 

S様も喜んで頂けました。予想以上の仕上がりでありがとうのお言葉をいただきました。

 

 

しっかり、お客様に喜んで頂けるようにいつも心がけていますので、お言葉を頂ける事が工事をしていて

嬉しい限りです。今後も様々な工事を行う上で

キズナファミリーホームのモットーにお客様のありがとうと笑顔でやっています!!

大阪市北区のS様邸でフローリング床の上張り(重ね張り)工事を行いました!

水回りやお住いのここが気になる、ここに不満があるなどお気軽にご相談ください。

キズナファミリーホーム、スタッフは皆様の声に必ずお答致します!!

 

気になられましたらはこちら

キズナファミリーホーム株式会社がLINE公式アカウントに登場!!

お得な情報を受け取るには、以下のリンクもしくはQRコードから

友だち追加してください。

キズナ ライン

LINE

 

お電話は0120-315-227まで!!

 

 

 

ホームドック実施中

  • 事例紹介
  • お客様の声
  • アフターフォロー
  • よくあるご質問

キズナファミリーホーム

キズナファミリーホーム株式会社

  • 〒530-0041
    大阪府大阪市北区天神橋3-11-9
    天神橋ビル3F [MAP]
  • <お客様窓口>
  • フリーダイヤル0120-315-227
  • TEL.06-6232-8085
  • FAX.06-6232-8086
  • 会社案内
  • 求人情報
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ