スタッフブログ

 

大阪市北区T様邸にて浴室タイルの張替えを行いました

小坂

こんにちは、キズナファミリーホームです。

今回は大阪市北区T様邸の浴室タイルの張替えを行いました。

基礎の現場調査時見つかった土台木の木腐れ原因は浴室のタイルにあります。

前回の記事⇒現場調査の様子はこちらをクリック

基礎補強工事⇒詳しい記事はこちらをクリック

 

基礎クラック 水染み

現場調査時の水染みです。この上がちょうど浴室になります。

浴室の構造 水の浸透図

こちらが浴槽の構図で、赤い矢印が水の浸透箇所になります。

水の浸透箇所には本来、浴槽と浴室タイルとの取り合いのコーキング、浴室タイルとタイルの隙間に目地があり、

コーキングと目地は防水効果があり、図の水の浸透を防ぐためにあります。

また、浴室のタイルの目地の防水の寿命は約10年と言われています。

そして、タイル自体は耐久性、耐水性に優れており、半永久的に破損することは無いのですが、地震や大きな衝撃でタイルが割れることがあります。

そしてT様邸の浴室のタイルですが約18年~20年前に張り替えているとの事でした。

まず打診でタイルが上貼りされていないか確認をします。

 

なぜ上貼りじゃないか確認するかというと

上貼りの浴室タイルは年数が経つと、既存のタイルと新設したタイルの間に隙間が生じ、

内部に水が溜まり防水効果の寿命が短くなったり、従来のタイルの施工は

下層部は砂、パサ(目地のコンクリート)、タイルで施工されます。

防水効果が切れ、表面上を綺麗にしてもどうしても既存のタイルとの隙間が生じ、水の浸透が進みます

 

今回のT様邸の浴室の写真になります。

浴室タイル 現状

上貼りはされていませんでした。しかし張り替えてから10年は超えているので、目地の防水は切れています。

目地の防水効果の寿命は約10年とされています。またタイルの割れも見受けられました。

長年数十リットルもの水を流しているため、浴槽下の砂が水の浸透による湿気による木腐れが生じていました。

土台木に水染みが出ていたのはこれが原因になります。またこういったケースは多いのです。

現場調査時に木腐れの発見、浴室や、キッチン下、トイレの水染みなど、水回りの気づかないトラブルはかなり多いです。

浴室 酷い木腐れ

⇑過去の現場にて在来のタイルの浴室の解体の様子になります。

現場調査時に木腐れが酷く、浴室を唯一全解体出来、補強施工が出来るユニットバスの施工の様子になります。

現場調査時に木腐れ、白蟻の蟻道を発見し、工事を行った際の解体最中に現状の酷さがわかりやすい写真です。

土台木が無くなり、外壁まで侵食し外の景色まで見えてしまっています。

水回りの水漏れや、地の湿気での白蟻の発生を促進させます。実際に白蟻の被害を感じている方は少なく、

白蟻対策をされていない方はすごく多いのです。

柱が白蟻に食べられ無くなっている

実際にこの現状をお客様に伝えると、白蟻の被害はこんなにひどいものなのかとびっくりされていました。

また、家電量販店やホームセンターのユニットバス工事は安く出来るとされていますが、こういった状況でも補強をしたり、改善してくれたりする事例は少ないようです。ユニットバスの施工は正規品を解体した浴室に組み立てて施工するのがユニットバスの工事になります。簡単に言うと大きなプラモデルと同じですね。

柱 補強

通し柱だっだため、差し替えもできず、元々の柱は樹脂補強、住宅の荷重を支える為新しい柱の新設。

通し柱とは?

住宅には土台から屋根まで(1階から2階まで)を支える1本の柱=通し柱

住宅の四隅が通し柱になり、

また、管柱=1階、2階をそれぞれ支える柱もあります。

住宅を四隅で支える通し柱とそれぞれを支える管柱など多彩な柱で住宅の荷重を支えています。

柱の名称

住宅のメンテナンス、水回りのメンテナンスは非常に重要なのです。

家屋調査をして早期発見で抑えれる現状もあれば、大きな工事じゃないと直せない場合もあります。

人間や車と同じで、何事も早期発見、定期的なメンテナンスが必要です!!

 

それでは現場を確認をし、浴室のタイルを解体していきます。

浴室 解体

しっかりと解体し土を取って整地していきます。下の土が湿気で水分を含んでいる為工事を進めていきます。

浴室タイル ワイヤーメッシュ

土を整地し、防水シートを敷いてワイヤーメッシュを入れていきます。

なぜワイヤーメッシュを入れるのか。

浴室のタイルの工程には

解体⇒整地⇒防水シート⇒ワイヤーメッシュ⇒コンクリート⇒浴室タイルの張り付けとなります。

建築の中でコンクリートはよく使用します。ただコンクリートを流して固めた際、

たちまちにひび割れが入り崩壊します。なのでコンクリートの強度を飛躍的に向上させるために使用しています!

これで強度も高まり、防水シートを敷いている為水が回る心配もありません。

浴室タイル 土間コンクリート

ワイヤーメッシュの上にコンクリートを流し、土間を作っていきます。しっかり平行に整地し、パサ(目地のコンクリート)を流し浴室のタイルを張っていきます。

浴室タイル 張り 勾配をつける工程

そして、パサ(目地のコンクリート)を流し、浴室のタイルを張りつけていきます。

この際勾配をきちんとつけないと、水の流れが悪く水がうまく排水口まで流れなくなります。

タイル屋や左官屋でも難しい工程になります。乾いた後に流れのチェックを行い、流れない場合やり直しになります。弊社ではしっかりとチェックをし、施工を完工致します!!

 

 

今回は大阪市北区T様邸にて浴室タイルの張替えを行い、現場の確認をしました。

 

水回りの水染み、水漏れ、白蟻の被害にはご注意ください。

浴室のタイルの割れ、浴室のタイル目地の防水切れ、

浴槽と浴室のタイルの取り合いのコーキングの劣化などなど、

家屋点検で早期発見をお気軽にキズナファミリーホームまで!!

 

気になられましたらはこちら

お電話は0120-315-227まで!!

 

ホームドック実施中

  • 事例紹介
  • お客様の声
  • アフターフォロー
  • よくあるご質問

キズナファミリーホーム

キズナファミリーホーム株式会社

  • 〒530-0041
    大阪府大阪市北区天神橋3-11-9
    天神橋ビル3F [MAP]
  • <お客様窓口>
  • フリーダイヤル0120-315-227
  • TEL.06-6232-8085
  • FAX.06-6232-8086
  • 会社案内
  • 求人情報
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ