スタッフブログ

 

屋根 漆喰 現場調査 三重県鈴鹿市

田中

こんにちわ。

キズナファミリーホームの田中です。

朝晩は肌寒さを感じ秋も深まってきた今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしですか?

早速ですが、今回は先日三重県鈴鹿市でご依頼頂いたお家で現場調査に伺った時のお話になります。

築30年前後のお家でお客様自体は途中から購入され、外壁塗装や内装リフォーム等をされ凄く大事に住まれているお家でした。

一見凄く綺麗に見えるお家ですが…

皆様、見てお解り頂けるでしょうか。

屋根の漆喰部分が完全に変色し、漆喰部分も剥がれてしまっています。

横振りの強い雨の時には、室内に雨水が入り、お客様も時折出てくる雨水にストレスを抱えている状態でした。

勿論、お客様のライフスタイルに合った形での施工で、お客様が今抱えているストレスや不安をしっかりと解決させて頂きます。

余談になりますが、台風以降で築30年以上のお家で屋根漆喰部分のこういった現状をよく見ます。

以前に、施工した三重県鈴鹿市の現場の漆喰部分の写真です。

屋根の漆喰部分は瓦と瓦の接着剤の役割を担っていて、上記の写真のように漆喰部分が剥がれたり傷んで放置してしまうと瓦がズレたり、雨漏りの原因に繋がりお家を痛めてしまいます。

この写真も以前施工した現場写真になりますが、完全に瓦がズレてしまっています。

こうなってしまえば、漆喰部分の詰め直し作業が必須になってきます。

ただ詰め直し作業でも気をつけて頂きたいのが…

防水性を上げようとして元の漆喰部分よりも分厚く塗ってしまったり、手を抜いて上から新たな漆喰を塗ったり、また、施工の際に雑に瓦の上に上がり踏み割れを起こし、かえって雨漏りの危険度を上げてしまうことになります。

ですので、屋根の漆喰の詰め直しをする際は

・瓦の微調整

・既存の漆喰部分を全て剥がす

・新たな漆喰を隙間無く詰め直す

これらの作業が必要になってきます。

定期的なメンテナンスがお家の快適な生活の維持にも繋がります。

皆様も今一度、お家の定期的なメンテナンスをお勧めします。

ホームドック実施中

  • 事例紹介
  • お客様の声
  • アフターフォロー
  • よくあるご質問

キズナファミリーホーム

キズナファミリーホーム株式会社

  • 〒530-0041
    大阪府大阪市北区天神橋3-11-9
    天神橋ビル3F [MAP]
  • <お客様窓口>
  • フリーダイヤル0120-315-227
  • TEL.06-6232-8085
  • FAX.06-6232-8086
  • 会社案内
  • 求人情報
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ