スタッフブログ

 

今の給湯器の機能はすごい!!

小坂

こんにちは、キズナファミリーホームの「かずお」です。

この度お風呂の工事が完了しました。

とてもきれいに使われていたが年数の古さを感じるタイル張りのお風呂が、最新の人気の ToTo サザナのやわらか床のシステムバスに変わりました。

お客様も大変喜んでいただき、快適なお風呂ライフを楽しみますと言っていただきました。感謝です。ありがとうございました。

 

                       before

IMGP1335

 

                                                                                            aftore

20140927_102141

 

 

さて今日は、最新の給湯器についてちょっといい話お伝えします。

UF-E_C0B5CCCC[1]

 

 

私達の生活には欠かせない給湯器、単にお湯をつくる機械だと思っている人は多いのではないでしょうか?

キッチンやお風呂だけでなく、お湯を使った床暖房など、給湯器が生活に占める割合はどんどん広がっています。給湯器を最新のものにすると、

毎日の暮らしがとても快適で経済的になるって知っていますか?そんな最新の給湯器を少しみなさんに知ってもらいましょう。

 

「高効率給湯器」なら電気、ガス、灯油代が大幅に節約できます。

 

「エコキュート」で毎月の家計負担が三分の一以下になります。

最近の給湯器は技術革新によって、昔の給湯器よりも効率よく水を温められるようになっています。例えば、電気式の「エコキュート」は、空気を圧縮

して熱を生み出す仕組みを使い、熱効率が従来タイプの3倍になっています。家族4人の家庭の場合、三分の一の毎月1000円程度に抑えることが

できるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

排気ガスの熱を再利用する「エコジョーズ」

ガス式の高効率型給湯器が「エコジョーズ」です。今まで排気ガスとして捨てていた熱を再利用することで、ロスを四分の一にまで引き下げることに成

功しました。当然、毎月のランニングコストは安くすみます。「エコジョーズ」なら、ガス消費量を13%カットできるので、4人家族の家庭で年間

のガス代が1万円近く安くなるはずです。

 

「お湯をつくる」だけじゃない機能がいっぱいです。

 

床暖房にも使える機能があります。

最新の給湯器はキッチンやお風呂のお湯をつくるだけのものではありません。給湯器の高機能タイプには、床暖房や浴室暖房乾燥機に利用できるもの

もあります。床暖房にも兼用できるタイプでは、年間15000円もガス代を節約することができます。給湯器の用途を広げることで、より快適で

経済的な暮らしになるのです。

 

電気も作る一台二役の給湯器

ガス給湯器には「エコジョーズ」からさらに進化した「エコウィル」という製品があります。ガスを使ってエンジンを回し、電気を作りながら、排熱を利

用してお湯を作るという一台二役のハイブリッド型給湯器です。一台で電気もお湯も作れる。優れた給湯器ですが、高性能な分、約80万円と初期投

資は大きくなり、大家族向きといえるでしょう。自治体によっては3~10万円の補助金が出ます。

 

燃料を燃やさない「エネファーム」

最近のCMでおなじみの「エネファーム」も一台二役の優れものです「エコウィル」がエンジンで発電機を回すのに対して、「エネファーム」は燃料電池とい

うLPガスや灯油に含まれる水素と空気中の酸素を結合させて、発電する仕組みを利用するのが特徴です。発電すると同時に発生する排熱を利用して

お湯を作ることができます。初期投資は他の給油システムと比較すると高くなって300万円近くになります。

 

さらにガス給湯器は、外付けになりますし、エコキュートは火を使わないから安心。

最新の給湯器は安心、安全でメンテナンスも簡単です。

 

さあ今の給湯器がどれだけ経済的で生活を快適にしてくれているか感じましたでしょうか。

最近給湯っきの調子がおかしい。光熱費をもっと節約したいと考えていましたら是非この機会にリフォームしてみては!

給湯器についてさらに詳しい情報を聞きたい方はお気軽に気キズナファミリーホームまでご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームドック実施中

  • 事例紹介
  • お客様の声
  • アフターフォロー
  • よくあるご質問

キズナファミリーホーム

キズナファミリーホーム株式会社

  • 〒530-0041
    大阪府大阪市北区天神橋3-11-9
    天神橋ビル3F [MAP]
  • <お客様窓口>
  • フリーダイヤル0120-315-227
  • TEL.06-6232-8085
  • FAX.06-6232-8086
  • 会社案内
  • 求人情報
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ